予防方法を徹底する|通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

白いカプセル

予防方法を徹底する

錠剤

フィラリアはちゃんとルールに従って予防することで、まったく怖くなくなる症状です。
だから今回はあなたに徹底した予防方法についてのアドバイスをしておきたいと思います。
毎年必ず定期的に動物薬を投与していくことにより、フィラリア感染の防止を確実に実行していけるので、絶対に怠らないようにしましょう。
まず当たり前のこととして「毎月欠かさず薬を投与」すること。
一般的には1ヵ月ごとに飲ませる必要があります。
その理由としてフィラリアは大体犬の血管に入り込む際に「2か月」の時間を要すると言われているからです。
血管に入り込むということはすなわち心臓まで一直線に向かっていくことになるので、そこまで来てしまったらもうアウトです。
だからその前にフィラリアを早く死滅させなければいけません。
もちろん丁度1ヵ月じゃなくても良いので、たとえ1日や2日くらい忘れてしまったとしても気づいたときにすぐ投与してください。
実際にフィラリアに感染しても皮膚の下で生活している間は特に何かしら大きな症状を起こしたりしないので、定期的に確実に薬を投与しておけばまず問題はないと断言します。

ちなみに血管に親友したフィラリアは予防薬を使っても駆除できなくなるので、カレンダーなどにメモをしておいて常に忘れないように管理しておきましょう。

そしてよく涼しくなってきたからといってフィラリアの予防をしなくなる人がいらっしゃいますが、蚊は基本的に寒い時期でも実は存在します。
ただその数が圧倒的に少ないだけなので、主に年中フィラリアの予防はしておいた方が無難です。