感染経路について|通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

白いカプセル

感染経路について

カプセル

まずフィラリアという病気について、もっとあなたには知識を深めてもらいたいと思います。
予防方法などもしっかり学んでおくことで、今後ペットをフィラリアから守っていくことができるようになります。
ではフィラリアがどのように感染して成長していくのかを勉強してもらいましょう。
他の記事でも簡単にお伝えしておきましたが、一般的には「蚊」が原因でよくペットにフィラリアが感染してしまいます。
もちろん犬であればその種類や年齢などまったく関係なく常にフィラリアに感染する危険はあります。

それではどのようなステップを踏んで蚊が犬に対しフィラリアを感染させてしまうのか?
まずすでにフィラリアに感染している犬が全国的にたくさん存在しているのですが、その犬の血液を蚊が吸う際に「ミクロフィラリア」と呼ばれる子虫が蚊の針を通って犬の体内に入っていきます。
つまり一旦蚊の体内のなかにフィラリアが入り込むわけです。
ミクロフィラリアは蚊の体内で何度も脱皮を繰り返し、蚊の中でミクロフィラリアはちゃんと活動できるように成長してしまいます。
そこから今度はまた新しい犬の血液を当然吸いにいきますので、成長したミクロフィラリアが新しい犬の体内で悪さをしてしまうわけです。
なおミクロフィラリアが感染した際にはまだ目に見えるような症状はありません。
そのため誰もミクロフィラリアが犬の中に入り込んだタイミングを知ることができないのです。
もし万が一フィラリアの感染をまったく気にせず犬を飼い続けていれば、フィラリアに気づくのが遅れてしまいそのままフィラリアに体を支配されてしまうでしょう。