フィラリアの勘違い|通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

通販サイトでキウォフハートを手に入れ、ペットの安全を守ろう!

白いカプセル

フィラリアの勘違い

数種類のカプセルと錠剤

犬にとって大変おそろしい「フィラリア」という病気ですが、この病気はしっかりと治すことが可能です。
つまりフィラリアに感染してしまったからといってあきらめる必要はありません。
ちゃんと予防できる動物薬を持ってさえいれば、あとはそれを使い続けるだけで必ず大事なペットを守ることができます。
すでにペットを飼い始めて何年も経つ人ならフィラリアのことはある程度知っているかもしれませんが、残念ながらフィラリアのことをよく勘違いしている人もいらっしゃいますので、ここでよくある勘違いを紹介しておきましょう。

まず「薬の投与期間」について、これはトップページで紹介したようなタイプの動物薬ならば月に1度で問題ありません。
ただしここでよく勘違いしてしまうのが「きっちり30日ごと」に投与すればいいわけではないということ。
犬にも当然体調の変化はありますので、たとえば体調が悪いときにむりやりフィラリアを投与してしまうことで余計に体調を悪化させてしまう場合があります。
だから厳密に言えば30日前後というふうに思っておいてください。
またフィラリアというのは主に「蚊」が感染の原因になるので、蚊取り線香を焚いていればいいだろうという認識の人も多いと思います。
実はその認識も残念ながら間違っていると言えるでしょう。
蚊取り線香はそもそもつけたところで100%完全に蚊を除去することはできません。
当然蚊取り線香をかいくぐってくる蚊もいるので、けしてそれでは安心できないのです。
また犬の場合は外を散歩させる機会ができるので、常にフィラリア感染の危険は伴っています。